毒親を許せないのは自然なことです【許さなくていい】

毒親・アダルトチルドレン

こんにちは、ねこぽん(@nekoneko_azarak)です。

毒親との関わりの中で、

  • 毒親が憎くて仕方がない。苦しくて辛い
  • 毒親が許せないと思うのは悪いことなのだろうか?
  • 毒親を許せない自分に罪悪感を感じている。どうしたらいいのだろう

という悩みに長い間苦しんで来ました。

思い通りにならない毒親に一時期は気が狂いそうになっていましたが、考え方を思考錯誤した結果、今ではだいぶ健全に過ごすことが出来るようになり、年に数回ほど親から連絡が来ても「遠い親戚の人」感覚でフラットに返せています。

そんな、毒親を許せない気持ちから解放された時の流れを、体験談をもとにお話ししようと思います。

スポンサーリンク

毒親を許せない気持ちを我慢すると、精神が病みます

まず「毒親を許せない」という気持ちに蓋をするのはNGです。

「毒親を許せない」という気持ちは、自分自身の本音だからです

「毒親を許せなくて苦しい」という裏側には「許さないといけないものだ」という意識が働いていると思います。
冷静に考えてみて、それは誰の意見なんでしょうか。
親子愛を信じてやまない世間の声?
毒親から与えらえて来た価値観?
そこに自分の意見や感情は入っているでしょうか…?

私も普段から毒親の身勝手さに振り回され、とにかく憎いと常日頃思っていましたが、

  • 自分が毒親を許せば、気持ちが荒立つこともないし、辛い日々が変わるんじゃないか?
  • そもそも「親を許せない」という感情を持つことはよくないんじゃないか?

と考え、自分の考え方を変えようと思い、どうやったら許せるか頑張っていた時期がありました。

でも頑張りに反して余計に心は辛くなっていくばかりです。

なぜかというと、「私は毒親を許せない」という自分の本音を初めから否定していたからです。
自分の本音に向き合うことなく、「毒親を許すにはどうしたらいいか」ばかりを考えていたので、許すべきなのに許せない自分に苦しんでしまっていたのでした。

自分が我慢しても、問題は解決しない

私が「毒親を許そう」と気持ちを切り替えるのに必死になっている間にも、父親は泥酔して私に当たり散らしてくるし、母親は身勝手に過干渉をしてきます。
むしろ私が何も抵抗しないことで余計に図々しさが増したかのようでした。

これでは毒親を許そうなんて気持ちと向き合えないし、怒りや憎しみの感情が余計に増えるばかりです。

  • 毒親を許すべきなのに許せない自分への怒り
  • そんな自分を理解してくれない毒親への怒り

毎日が怒り・苦しみ・辛さにとらわれ、毎日イライラしたり落ち込んだり、情緒不安定になっていました。
完全に病んでいましたね。

毒親を許すことより、自分の本心を認めることが先決だった

こんなにも許す許さないに振り回される自分はなんなんだろう?と考えた時に、

「毒親を許せない私の気持ちを、毒親自身に何とか理解してほしい」
「なんとか毒親に目にもの見せてやりたい」

と思っている自分に気がつきました。

あろうことか、私は苦しみから頑張って抜け出そうとしている自分の姿を毒親に見つけてほしい・認めてほしい、と思っていたんです。
今まで毒親に裏切られ傷つけられてきたのに。

ああ…私は、毒親を許そうと頑張ってる自分を、認めて欲しかったんだなあ…

そう気づけたときに、気持ちが切り替わったというか、ふっと軽くなりました。
同時に、「そんなの親に求めてどうするんだろう?そりゃ無理だわ…」と急速に気持ちも冷めていきました。

そりゃそうです、毒親のことで苦しんでるというのに、それを毒親に認めてもらおうなんておかしな話です。
彼らは親子という絶対的な主従関係を盾に、子供をコントロールしようとしてくる人間です。子供を認めるなんていう、自分の立場を脅かすような行為を好き好んでする毒親はいません。

ただただ自分の感情を毒親にぶつけるのはアリかもしれません。
自分の言いたいことが言えたら、スッキリはしますから。
その際のポイントも「毒親に理解してもらおうと思わないこと」です。
少しでも「理解してよ!認めてよ!」という気持ちが自分の中にあるならばやめた方がいいです。
鼻で笑われるか罵られるかして、期待を裏切られるだけです。

許せないのなら、そのままでいい

自分の気持ちのしくみに気づいたあとも、私の中で「毒親を許せない」という気持ち自体は消えませんでした。
でも、それでいいと思えるようになりました。

今後、もし毒親が私に干渉してきたり迷惑をかけてきたら「私はあなたたちを許さない」という姿勢を断固として主張します。どんな反応をされようと私は毒親を許しません。

親に敵対することへの罪悪感や、親に不義理な対応をしてはいけないんじゃないか?という葛藤ももちろんありました。
本当は聖人君子のように、恨みつらみ全部消化して仲良くできたらいいんでしょうけど、今まで自分が毒親にされてきたこと、傷つけられてきたことを考えたら、それは無理だなあと思ってます。
過去をなかったことにはできません。

子供が親に忖度する必要はないですし、辛い気持ちにとらわれて自分の人生ハードに生きる必要もないのです。

そんな風に思えるようになると、いい意味で開き直れるというか、行動も伴ってくるようになるのか、不思議なんですが毒親との関わりも変化して来ました。
以前は憎みながらも「親に連絡しなきゃ、電話しなきゃ」みたいな変な義務感にとらわれていたのですが、「あ…なんかもう、別にいいや」と面倒臭く思えてこちらから連絡しなくなると、初めは向こうから頻繁にかかってきた電話やメールも、回数がだんだん減っていきました。

関わりを減らすと、毒親についてあれこれ考える時間も減り、精神的に余裕が生まれていきました。

  • 親が許せないと思うことは悪いことじゃないし、そのままでいい
  • 「毒親が許せなくて苦しい」と思う原因は何か、自分の気持ちのしくみを知る
  • 自分の本心がわかったら、そこに蓋をしないようにする(何よりも本心を大事にする)

もし毒親を許せず憎しみも消えず苦しい時は、ぜひこれらのことを意識してみてほしいです。
私は今では毒親を許せない気持ちからだいぶ解放されました。
毒親に振り回された人生から、自分のための人生にシフトチェンジできるように、ひとつひとつ我慢を手放して生きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓ランキングに参加しています。↓
↓よろしければポチッとお願いします!↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ
毒親・アダルトチルドレン
スポンサーリンク
この記事をシェア
安全基地のつくりかた
タイトルとURLをコピーしました